賃貸経営の効率化

レディ

家賃や免責期間を確認

賃貸経営によるファイナンスの効率化のために、多くの大家が一括借り上げを活用しています。一括借り上げとは、大家の指定した賃貸物件を、業者がまとめて借り上げるというサービスです。入居率の低い賃貸物件でも業者に借りてもらえるため、大家はより多くの家賃収入を得ることが可能となります。また、入居者の中には家賃を滞納する人もいますが、業者は決められた家賃を、期日までに確実に支払います。それにより大家は、入出金管理を行いやすくなる上に、督促業務に手間暇をかけずに済むようになるのです。ただし一括借り上げでは業者は、大家に対して相場よりも5〜20%ほど安い家賃を支払うことになります。つまり大家は、家賃収入の5〜20%と引き換えに、賃貸経営を効率化させることができるわけです。そして大家に支払う家賃は、原則として業者が決めることになります。したがって大家が利益をより多くするためには、相場に近い家賃を設定する業者に、一括借り上げを依頼することが肝心と言えます。また一括借り上げには、業者にとっての免責期間があり、業者はこれが満了してから、大家に家賃を支払い始めます。そのため、家賃収入を早く得るためには、この免責期間を短めに設定している業者を選ぶことも大事です。さらに一括借り上げには契約期間もあり、その途中で大家が解約する場合には、違約金の支払いが求められることがあります。そのため契約期間の長さや違約金の額なども確認しながら、業者を厳選する必要があります。