複数社を競争させよう

集合住宅

マンション経営でも、区分マンションと1棟マンションとでは、その管理の仕方が多少異なります。区分マンションの場合には、自分以外にも区分所有者がいるので管理組合が設立されており、共用部分の管理や修繕などは、この管理組合の理事会においてどのようにしていくかが決められていきます。一方、1棟マンションになると、所有者はオーナー1人であるため、賃貸管理から建物管理まですべて自分1人で行わなければなりません。そのため、自分の代わりに賃貸管理や建物管理を行ってくれる不動産管理会社を探す必要があります。マンション経営における不動産管理会社を探す際には、賃貸募集や家賃収納管理、日常の清掃、共用部の定期清掃、電気設備や給排水設備の点検等をワンストップでやってくれるかどうかをまず確認しておきましょう。これらの業務を複数の業者に分けてオーナー自身が管理しようとすると大変な手間になります。そして、いくつかの不動産管理会社がピックアップできたら、見積もりを取ってみましょう。比較するポイントは管理コストはもちろんですが、管理人の業務範囲、24時間対応できるか、修繕の際にはどのような対応をとるのか、といった点です。マンション経営において、建物管理はランニングコストになるので、基本的には管理コストが安いとよいのですが、コストに見合ったサービスをしてくれるかどうかという観点が重要です。マンション経営の成功の決め手は不動産管理会社だと言っても過言ではありません。