民泊は新しい資産活用

積み木

ノウハウがなくても大丈夫

近年、新しいタイプの不動産投資として注目を集めているのが、民泊物件への投資です。民泊とはホテルや旅館などの専用施設以外の施設に旅行者を泊め、宿泊料を得ることをいいます。つまり通常のアパートや賃貸マンションを購入し、これを民泊に利用することで、投資としての収益を上げることができるわけです。民泊投資にはさまざまなやり方がありますが、最も一般的なのは専門の運営業者に業務を委託し、airbnbを通して宿泊希望者を募るというものです。airbnbは2008年からスタートした宿泊施設の紹介サイトで、民泊施設が登録物件の中心になっているという点で一般的な旅行関連サイトとは異なる特色を持っています。同種のサイトは他にもありますが、airbnbはパイオニアであることもあって最大のシェアを誇っており、世界中に利用者がいます。運営業者に委託すれば、airbnbへの登録から実際の接客に至るまで、すべての業務を委託することができます。具体的な仕組みとしては、まずairbnbを通じて利用申込みをメール等で受け付け、予約をフィックスします。利用時には現地あるいは事務所でカギを渡し、利用上の注意等を口頭あるいは書面で行います。そして退去時にはカギを回収し、料金を精算するとともに、部屋の清掃を行います。こうした一連の業務は、オーナーが直接行うとなると非常に手間がかかるだけでなく、ノウハウがないとサービスの質が低くなってしまい、利用者から評価を得ることができません。その点、専門業者に委託すればハイレベルの接客が実現でき、稼働率の向上につながります。

レディ

賃貸経営の効率化

一括借り上げの利用により、賃貸経営の効率化が可能となります。具体的には、集客業務や督促業務における手間隙が少なくなる上に、家賃収入が安定するのです。ただしより多くの利益を得るためには、相場に近い家賃を設定している業者を選ぶことが大事です。また、免責期間や契約期間についても確認しておく必要があります。

男女

複合的な需要があります

不動産投資をする際の鉄則は三大経済圏に含まれる人気エリアを選ぶことです。特に大阪は再開発が盛んにおこなわれており、今後、街の様子が大きく変わる可能性があるにもかかわらず、利回りの高い収益物件が散見されます。

集合住宅

複数社を競争させよう

1棟マンションでマンション経営をしようとした場合、賃貸管理から建物管理までをワンストップで行ってくれる不動産管理会社をパートナーとするとよいです。複数の不動産管理会社から見積もりを取って比較してみましょう。